特別な日をきっかけに読みたい記事まとめ

 

8月6日は広島に原爆投下が投下された日。

ニュースなどでの話題を目にすることも多かったのではないでしょうか。

というわけで今回は特別な日をきっかけに改めて読みたい記事をまとめました。

 

関心を持とう

特別な日には当然ですがその日にちなんだニュースや話題が溢れてきます。
SNSのタイムラインやポータルサイトの話題で流れてくる記事を読むだけでもいい。
そうやって関心を持つことが最初の一歩ではないでしょうか。

話を聞いてみよう

関心を持てたら今度は話を聞いてみること。
また、当時の経験を良く知る語り部さんなど、生の話を聞けることが少なくなっているなんてこともあるみたい。
現代では気軽に動画プラットフォームなどで話を聞くことができますね。

自分の身近な人を通してカジュアルに話をしてみることも大切ですね。

コンテンツを通して触れよう

映画や漫画などで戦争や災害などをテーマに取り扱った作品がたくさんあります。
そのようなコンテンツを通して学ぶことも有効と言えそう。
子供の頃にみた強く印象に残っているものなど、懐かしさを感じながらみると自分の中に入ってきやすいかも。

時代を感じよう

歴史が動くタイミングには戦争、飢饉、疫病が人類の困難として立ちはだかってきたと言われています。
社会的な困難に立ち向かっている今。
先人が乗り越えてきたものを我々がどのように受け継ぎ、これからの時代を作っていくかも考えていきたいところですね。

旅を通して触れよう

資料館や公園など復興や平和のシンボルとして観光スポットとなっている場所があります。
観光を通してそのようなことに触れることも有効と言えそう。
社会情勢によって旅のかたちも変わってきている今。
そんななか、社会的な意義をもって旅を計画することも大切な事かもしれません。

 

というわけで今回は特別な日を迎え改めて読みたい記事をまとめました。

少しでも考えるキッカケになるとイイですね。