今年の夏はこれからが本番 改めて大切にしたいこと

 

2021年も暑い夏。

8月に入り、これからが今年の夏本番といったところでしょう。

というわけで今回は2021年の夏を楽しく過ごしていく方法を改めてまとめました。

 

季節をどう感じる?

何かと制限の多い今年の夏。
そんななか、小さな季節の変化に感動できる感性は持っておきたいもの。
そして繁忙期を迎える夏に仕事を通して感じる季節というのも素敵ですよね。

日々過ごすなかで季節ならではのテレビ番組、人々の生活風景、インターネット上のコンテンツなどが溢れてきます。
そんな社会の雰囲気に乗っかって夏ならではの消費活動を楽しみたいところ。
そして、SDGSなどと言われている現代においては少しでもエコなどといった、消費者としてのリテラシーを高めていくことも同じくらい大切といえそうです。

おうちでの夏

引き続き、おうちでの時間が増えそうな今年の夏。
映画を観たり、夏を感じることをしてみたり。
おうちのなかでできる新しいことへ挑戦したけど挫折した、でも大丈夫、きっと何かにつながることがあるはず。
自分のお気に入りの空間で楽しく過ごしていきましょう。

自分を高める夏に

成長成長というのも堅苦しいですが「生きに残るものは変化に対応できる者」という言葉があります。
やっぱり現状維持ではなかなか厳しく、学んでいくことは大切と言えそう。
感染症が落ち着いた後の世の中が変わっても変らなくても、自分自身を変え生きる力を付けていく意識は大切。
自分自身の未来を作っていくためにおうちのなかで出来ることがあります。
スキルを獲得する、信頼できる仲間を作る、自信をつける、そうやって未来の自分を作っていきたいところ。

生き方を考える夏に

生き方も問われている近年。
成功を目指すのか、成功にとらわれない足るを知る生き方をしていくのか。
ときに何者かになりたい、スターのような存在になりたいという思う気持ちもある。
しかしスターと呼ばれるような人間には外側からは見えない苦悩も、でもやっぱりそれと同じぐらい大きな夢も。
コンテンツを通し疑似体験し、自分の生き方を考えるのもアリ。

人を笑顔にする仕事、モノづくりの仕事、遊びとの境界線のない仕事。
命を救う仕事など色んな働き方、生き方があります。
とくにこれから多様な生き方が生まれてきそうななかではじっくりと働き方、生き方を考えるのも大切そう。

時代を感じる夏に

成功にとらわれない人生も、成功を目指すにしても大切なのは時代性を捉えること。
現代では色んな媒体を通して分かりやすくこれからの時代の方向性を解説してくれる人がたくさんいます。
自分で情報を取りに行く姿勢は大切かも。
そして日々何となく見ている社会の出来事も少し意識してみてみる。
自分の意見が良くない方法で発露するのは考え物ですが大切なことでしょう。

大変な世の中で迎える夏

大変な社会情勢が続いています。
夏の時期には今までの歴史のなかでも災害、戦争など大変な困難を乗り越えてきたことを思い出される特別な日もあります。
少しでも何かを感じ活かしていきたいところ。
大変な社会で生きていくには仲間、友人、人間性、またときにはお金では買えないモノが自分を救ってくれることも。
なんとか生き延びていきましょう。

 

というわけで今回は8月に入り、これから夏本番を迎えるなかで意識したいことに関する記事でした。

あっという間に過ぎ去っていくであろう夏、少しでも充実させていきたいところですね。