祭日、祝日、特別な日を過ごすなかで大切にしたいこと

 

生きていくなかで日々変っていく日付。

そんななかで祝日や祭日という特別な1日がありますね。

過去の過ちを戒める日、自然の恐ろしさを思い知らされた日、そして文化的な出来事を記念する日…

8月15日は終戦の日ですね。

というわけで今回はそんな祭日や祝日、特別な日という意味だけで切り取って、実際に過ごすなかで大切にしたいことについて書いていきたいと思います。

 

ほんの少しだけ考えてみる


何か特別な日として指定されていることで少しそのことについて考えるきっかけになりますよね。
平和や人権のことを考えるきっかけになったりとか。 他にも面白い記念日などもありますね。
ただ祝日で休みで嬉しいというのも良いですが今日はどんな日なんだろうとほんの少しでも考えることは大切ではないでしょうか。

学んでみる

そしてときに一歩踏み込んで調べてみるということも大切と言えるかもしれません。
昔人類が起こした過ち、自然の恐ろしさなど日頃から意識できる人はなかなかいないのでこの機だけでも時間を使って勉強することも大事ですよね。
あまり堅苦しいモノであれば気が進まないかもしれませんが、文化やエンターテインメントのことであれば由来的にも面白いモノがあったりするので小ネタ程度に調べてみるのもイイかもしれません。

自分のライフスタイルに落とし込もう


平和を祈る日、人権について考える日、そこで何か感じるものがあったら自分のライフスタイルの中に落とし込んでいきましょう。
別に平和のために社会のために高尚なことをする必要はありません。
何か新しいことを生活に取り入れてみたり、ちょっとエコに気を付けてみたりなどほんの少しからでも自分自身のライフスタイルが潤ったり社会に貢献することができますね。

良いことは残して悪いものは反省

こういった祭日、祝日などは過去の過ちや先人の功績を称えているような大切な日。
今の自分たちがあるのもそんな先代たちがいたからと考えることは大切ですよね。
また、同じ人類が犯した同じような過ちを繰り返さないために自分も何かできることはないか、今後自分はどうできるかと考えることはやはり大切かもしれませんね。
また社会的な記念日ではなくても自分だけの記念日として特別な日を持っていることもあるのではないでしょうか。
何かの試験に落ちて悔して成り上がろうと誓った日、大好きな恋人と付き合い始めた記念日。
そんな人生の中で良い宝となるものは残して嫌な過去は消し去っちゃいましょう。

特別な日を意識して何でもない毎日に感謝を


テレビやメディアでも祭日や祝日はその日にちなんだイベントなどが報道されることが増えます。
何となく見ている人でもそういったものからなにかを感じ平凡な毎日への感謝も高めていきたいところですよね。

毎日がスペシャル

祝日や祭日のような特別な日ではなくても毎日が誰かにとって特別な日。
また、一番若いのは今日、一日一生で今日がダメな日でも明日は新しい自分に生まれ変わった誕生日、そんな風に毎日が楽しく過ごせたら最高ですよね。
また何かに挑戦したいという人ものちに今日が「全てはこの日から始まった」いうような特別な日になるかもしれませんよ。

 

というわけで今回は祭日、祝日など特別な日を過ごしていくなかで大切にしたいことについて書いていきました。

社会的な特別な日も個人的に大切な日も日常のなかで考えさせてくれたり、成長させてくれたり、ワクワクさせてくれますよね。