GW終盤へ 過ごすなかで意識したいこと

 

2021年のゴールデンウィークも終盤。

この期間に繁栄期を迎え仕事を通して行楽シーズンの雰囲気を楽しんでいる人、プライベートでお出かけやおうちでの時間を過ごしている人、体調を崩しちょっと不本意な連休を送っている人... いろんな人がいることでしょう。

新生活のバタバタから五月病の時期で連休明けの仕事は憂鬱になりがちな人も多いと言われています。

というわけで今回はGW終盤を迎えたことにあたり過ごすなかで意識したいことをまとめました。

 

おうち時間を楽しもう

出典:pixabay

普段の生活でのおうちの過ごし方を見直すイイ機会。
とくにインテリアなどにこだわりがなくても生活の基本となる自分が暮らすおうちは人生のなかで大きな意味を持ちます。
普段仕事が忙しくて食べて寝るだけのために帰ってくるおうちになっている人はもったいない。
この機会にゆっくりと部屋で映画を観たりお酒を片手に読書を楽しんだり、お気に入りの部屋の空間をじっくり感じながら楽しんでみるのもイイですね。
もし生活習慣が乱れてしまうようなお部屋だったらこの機会に掃除したり少し模様替えをして心安らぐ空間を作りましょう。

▼合わせて読みたい▼

しっかりと休養

出典:pixabay

休みの日はやっとできた自分の好きなことをしたりお出かけしたり、友人と遊ぶ時間だという人も多いでしょう。
やっと訪れた休日には一週間の仕事の疲れも忘れて元気はつらつと楽しめてしまうものです。
でもそんな休日の過ごし方でも忘れがちなのがしっかり休養を取ること。
勉強などで夜更かしをしてしまったり朝まで飲み明かしたりを一時的な寝だめで誤魔化しても身体は正直。
これから連休が明けまた活発に動きだすときのためにGW終盤は休養を意識してゆっくり過ごすのもアリ。
特に昨今は社会情勢によって各業界騒がしくていつも以上に心身ともに疲れやすいことでしょう。
飲んではしゃいでストレスを発散させるのもイイですが身体の声に耳をすませ休ませることも大切です。

▼合わせて読みたい▼

何かに挑戦

出典:pixabay

連休のようなまとまってできた時間はやっぱり貴重。
前半戦少し無駄にしてしまったなと思ったら残り僅かな時間だけでも良いモノにしていきたいところです。
何か新しいことを始めてみたり、気になっていたことを整理する絶好の機会なことは間違いありません。
しかしダラダラしてしまい罪悪感があってもゆっくりできたと前向きに思えればそれはそれでオッケーではありませんか。
終わり良ければ総て良し、今からでも何か一つ充実できたと思えることをやってみましょう。

▼合わせて読みたい▼

楽しみを膨らませよう

出典:pixabay

外出が難しい今の世の中。
お出かけが難しい分、やれることが制限されフラストレーションがたまっている人も少なくないでしょう。
でもどうせ同じ時間を過ごすならやっぱり前向きに考えたほうが絶対にトク。
楽しみにしていた旅行もイベントも待ち遠しい時間が長ければ長いほど手が届いたときの喜びも大きいもの。
むしろ今のうちに仕事も遊びも今以上にレベルアップしてさらにリッチに楽しんでやるぐらいの気概で準備しておきましょう。

▼合わせて読みたい▼

 

というわけで今回はGWが終盤を迎えたことに当たり過ごすなかで意識したいことの記事でした。

慌ただしい社会を生きるなか、息抜きできているという人もそうでない人も残り僅かなGW、良いモノにしていきたいですね。