2022年スタート 1年の始まりに意識したいこと

2022年明けましておめでとうございます。

今年も粘り強く頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

今回は新年が始まったのに当たり大切にしたいことに関する記事です。

気を引き締める


社会的に特別な日にはいつもと違う食を楽しんだり、テレビで特番を楽しんだりとやっぱり無意識のうちにも特別な雰囲気を感じるものではないでしょうか。
大晦日から元旦、3ヶ日と旅行先でゆっくり過ごしたり、友人、家族集まって年越しを迎えたり、はたまた仕事だったりと人によって様々な過ごし方をされたことでしょう。
お仕事始めのなか、改めてですが気を引き締めてまた1年間頑張っていきたいところですね。

最初はやっぱり大切


1月は1年の最初の月。
しっかりと1年の目標、計画を立てて行動していく人、そのときそのときを直感で選択し生きていく人、未来のことなど気にせず日々を刹那的に生きる人など、毎日を過ごしていくなかで自分の大事にしている指針はそれぞれ違います。
ですがやっぱりできるなら幸先の良いスタートは意識したいところ。
この機会にまた新しいことに挑戦してみたり、挫折したこと、一旦やめていたことを再開したり。
最初に意気込みすぎて落胆することも多いと言われていますが、良いスタートが切れるとイイですね。

明るい未来を想像しよう



「どうなるかなんて分からない未来のことを先に考えてもしょうがない」という人でもこれからの楽しみなことをイメージすることは悪くないことでしょう。
特に社会情勢もあり不確実性が高く気持ちもどんよりしがちです。
できるだけ明るい未来が待っていると信じたいものですね。

大変な時代のなかで


社会全体が大変な状況になっている今。
特に挑戦している者にとっては自分の船が壊れそうになっても時代の荒波は止まってはくれず、壊れそうになっている船を修理しながらも進まなければいけません。
終身雇用の崩壊など、働き方、生き方の変化が叫ばれているなかで自分の生き方を会社という船に頼らないことも大切になってきていると言えるでしょう。
独立して個を中心に生きていく、組織のなかを中心に生きていくにしても、
これから大変な時代を生きていく力をより付けていきたいところ。
今年一つ意識しておいて損はないことと言えるでしょう。

 

 

というわけで今回は2022年が始まったのにあたり大切にしたいことの記事でした。

大変な社会情勢のなかですが今年1年も頑張っていましょう。

改めまして今年1年、よろしくお願いいたします。