11月11日は1が大渋滞 1という数字から考える人生で大切なこと

 

11月11日は1が4つ並んだ日。

何かを始めるのにも最初の1歩があったり、トップを表す数字であるように1という数字は特別なもの。

 

 

というわけで今回は1が並んだこの日に1にちなんだ人生のなかで大切なことについて見ていきましょう。

 

ナンバーワンを目指す?

仕事でもスポーツでも勉強でも誰もが認めるナンバーワンという存在は力強くてカッコいい存在。
一度はそんな存在に憧れるものではないでしょうか。
この作業、この遊びでは誰にも負けない、小さなコミュニティのなかでのナンバーワン。
誰もが憧れる存在ではなくてもそんな色んなかたちのナンバーワンがありますね。

オンリーワンも素敵

ナンバーワンクラスの人間はどんな分野においても一握りの少数派。
特に現代では脱成長、サスティナブルといった考え方も謳われています。
成功を目指し、トップを目指すよりも自分らしくあること、背伸びしない生き方、現代ではそんな価値観を持つ人も多いみたい。

▼合わせて読みたい▼

初心を忘れないこと

生きていくなかで仕事でも大好きなことでもときに初心を思い出すことは大切。
今は大好きなモノやコトを最初に好きになったきっかけ、最初の1歩を勇気をもって踏み出し挑戦したとき。
恋人、自分が尊敬する人との一番最初の出逢い、1番最初に契約がとれたときのこと、憧れのステージに1番最初に立ったとき。
そんな感動、衝撃、ワクワクをときに思い返してみましょう。

▼合わせて読みたい▼

0から1、1から100

何かに挑戦するときにその道を先ゆく人が0から1生み出していて最初は先人の真似をすることが大切だと言われています。
0から1を生み出すよりも、1から100にすることの方が簡単だという話も。
どんなことにも通じることかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

1人でも大丈夫

生きづらい人が増えているという現代社会。
きっとそんな人は自分だけはなく、視野を広げれば自分の居場所を見つけることができるはず。
そして最近話題のメタバース。

仮想空間でのコミュニケーションも進んでいくようです。
これからどのように私たちの生活に結びつくのでしょうか。

▼合わせて読みたい▼

ファーストペンギン

どんな分野でも最初の一人がその業界の固定概念、先入観を覆して道を切り開いていくもの。
最初は孤独な道でも結果を残せばのちに理解者が現れるはず。
各業界変化が求められるなか、自分がその業界のファーストペンギンになってみるのも面白いかもしれません。

 

 

 

というわけで今回は11月11日ということで1にちなんだ生きていくうえで大切にしたいことについての記事でした。

どんな日でも特別な日に変えられる、今日から何かをまた1から始めてみませんか。