自己紹介 発信に至るまでの経緯

 

1993年2月生まれ 自閉症スペクトラム障害(ASD) 精神障害者手帳2級所持

(関連記事:筆者が抱えるASDとはそもそも何? リアルな苦悩とは?

コンプレックスのかたまりですが前向きに生きるおっくんです。

自分の特性をいかした情報発信と自由を求めブログを開始しました。

自分の好きなことを通して少しでも有益な情報を発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

これまでの人生

とにかくコンプレックスに悩まされた子供時代

子供の頃はとにかく生まれつきの斜視(目の焦点が合わない)歯並びなどのコンプレックスに悩まされていました。

歯の矯正のことで病院に通ったり、その他色んなコンプレックスと向き合わなければいけない現実とたたかっていた子供時代でした。

家庭環境

特に貧乏でも裕福でもありませんでした。

コンプレックスを感じていた自分に対し親はいろんな経験をさせようとしてくれました。

町が主催するキャンプに参加させてくれたり習い事をさせてくれたりとか。

しかし当時の自分にはそれらを生かす力がなかったのです。

結果、逆に悪循環となってしまい自分の劣等感をさらに悪化させてしまう結果となってしまいました。

何事にも頑張らずゲームばかりしていた日々の中で注意してくる親に対しても反抗し聞く耳を持たず、自分の殻に閉じこもってしまいました。

学校生活

小学校・中学校・高校と毎日学校に行くことはできました。

しかしコンプレックスが原因でからかわれたりいじめられたりしていたのです。

周りの人たちは悪い人たちばかりではないわけですからその人らの支えもあって通い続けることができました。

自分に自信が持てず卑屈になり何事もマイナスなマインドで取り組むようになっていってしまいました。

中学生までは部活もして友達と遊んでいました。

思春期に差し掛かった高校時代はさらに劣等感が強くなり、友達もできずコミュニケーションが苦手で休みの日はずっと家でゲームをするようになってしまいました。

自分の中でそれでもいい価値観が出来上がってしまったのです。

これは恐ろしいことで子供時代にして廃人と化してしまったのです。

将来は人とのコミュニケーションが少ない工場での仕事に就きたい、それしか考えていませんでした。

今考えればもっと勉強しておけばよかったと思いますし本当にどうしようもない人間だったなと思います。

 

社会人生活

仕事

そのまま社会人になり当然上手くいくはずがありません。

2011年高校卒業~2018年4月までの8年間工場で作業者として働いていましたが、早いところでは一か月ぐらいで退職し、5か所ほど転々としていました。

ASDと障害者手帳

作業、人間関係ともに上手くいかず辛い日々を過ごしていました。

そしてこのままでいけないと思い病院へ行き診断を受けたところASDと診断され、精神障害者手帳を取得したのです。

自分が悩まされていた特性に診断名が付いてホッとしたことと複雑な気持ちがありました。

新しい夢に気付く

手帳を取得したのは22歳のころでしたが薬を飲むこともなく軽度だったので障害をクローズ(公開しない)で働いていました。

そんな社会人生活を送っており、将来は障害者枠での正社員を目指そうと思っていました。

しかし「自分の人生は本当にこれでいいんだろうか…?」そうゆう気持ちがずっと心の中にありました。

そんなムズムズした毎日を過ごす中で当時在籍していた会社の期間満了の日が来ました。

そして転職の前に自分の人生のことをもう一度考える時間を作ったのです。

何日もかけて考えました。

紙にも書き出しました。

 

自分の今までの人生 好きだったこと 得意なこと 自分の特性 不安なこと やりたくないこと やりたいこと・・・

 

・・・・・そして考えてみると、自分のが持っている特性は武器なのではないかということに気が付いたのです。

 

自分の特性やコンプレックスは裏を返せば同じような悩みを持つ人の気持ちが分かること。

 

特性による困難を抱え誰よりも強い劣等感のある自分が発信すればロールモデルとなり自分の人生自体が何よりもの証明になりうること。

 

・・・・・これまでの人生を振り返っていくうちにどんどん後悔や悔しさなどの感情も溢れ出してきました。

 

いじめられて自分で勝手にこじらせて生きてしまっていたこと、勉強をしなかった後悔、狭い世界だけで生きてきたこと、親に聞く耳を持たなかった後悔、会社でこき使われたこと・・・

 

・・・・・そして考え抜いた結果新しい夢を見つけました。

 

自由に生きたい。 情報発信したい。

 

 

・・・・・それが心の声に従った結果でした。

そしてこのようにブログを書くことになりました。

 

・・・・・かなりざっくりだとは思いますが(笑) これが私のプロフィールです。

 

 

私は実際に生きづらさを感じています。

コミュニケーションがなかなか取れず人間関係も上手くいきませんでした。

そんなASDを抱えたうえでの生きづらさ、コンプレックスと向き合い、たたかい、そして共存する姿を伝え「悩んでいたのは自分だけじゃなかったんだ」となどと思ってもらえるような場所にしたいと思っています。

これからよろしくお願いいたします。