ひとりぼっちでも豊かな人生が送れる理由

 

夏になるとイベントがたくさんありますね。

祭りや花火、海遊びなどそんなイベントも一人では楽しむのが難しい…そんな人もいるかもしれません。

「ぼっち」と言われるように一人ぼっちでいることが辛いという人も現代では一人ぼっちのままでも人生を豊かにできるようになってきています。

というわけで今回は人生を一人ぼっちでも人生が豊かに楽しめる理由について書いていきたいと思います。

ネットが発達しているから


今の時代ではインターネットが発達していて簡単に世の中とつながることができます。
リアルな社会ではなかなか友達が作れないという人でもインターネット上ではそれが可能かもしれません。

本人が気にしていて表立って言えないような事でもインターネット上では包み隠さずに出していくことができたり、同じ悩みを持つ人と繋がることができます。
話すことが苦手な人はテキストで発信できたり、面白いことができなくても自分の好きなことを発信しているだけでも人に承認してもらうことができますよね。

情報が溢れてる

今は情報に溢れていて簡単に有益な情報に触れることができます。
情報は豊かに生きていくための重要なツールの一つです。
集団に馴染めず一人ぼっちになりがちという人でも何かの学校に通わず独学でスキルを身に付けることができたり、学校で集団生活ができなくてもネットを通して憧れの人、人生の先輩から生きていくために大切な事を学ぶことができるようになっています。

インフラが整っている


社会の環境としても一人ぼっちでも実際に生きやすくなってきています。
一人でも通えるようなお店、快適に楽しめるようなサービスが充実してきていますね。
また、社会に居場所がなかった人にもシェアハウスなどの居場所が出てきています。

エンタメが充実している

一人ぼっちで出来ることが限られているというような人でも一人で楽しめるエンタメが充実してきています。
近年ではVODで面白いコンテンツを観ることができて家で引きこもっても十分楽しむことができるようになっていますね。

お金がなくてもある程度幸せ

現代ではどんなものでもクオリティが高く低価格である程度美味しい、高品質なものが手に入りやすくなっています。
モノが溢れている時代に生きていてお金がなくてもある程度幸せになれるような恵まれている時代です。

また、所有欲よりもシェア、体験の方に価値が出てきているとか。
そして極端な話、働かないでも生きていくことができたり、社会保障がしっかりしていてくいっぱぐれることはないと言われています。
そういう意味で言うと逆に挑戦もしやすい、より豊かな人生を目指すこともできるようになってきているとも言えるかもしれませんね。

個の時代だから


今は個の時代と言われています。
会社や組織に依存して生きていくことよりも自分で稼ぐ力を付けていくことが大切になってきています。

一人ぼっちになりがちで足並みが揃えられないという人でも何か一つのことが得意だったり大好きだったりでその人ができることを適材適所でやっていけば大丈夫というような流れになってきているところもあります。

価値観が変わってきている

いくら一人ぼっちで楽しめる環境に変わってきていても社会通念や常識などによって人の目が気になってしまったりという人もいるかもしれません。
しかし近年では価値観も変わってきており多様なライフスタイルが認められるようになってきています。

 

というわけで今回は一人ぼっちでも人生が楽しく生きていける理由についての記事でした。

一人ぼっちでも自分らしく生きていきたいところですね。