存在感を増す音声メディア 日常生活でどう向き合うか

 

近年、社会のなかで存在感を増しつつある音声メディア。

日常生活のなかでどのように使い、どう向き合っていけばいいのでしょうか。

というわけで今回は音声メディアについての記事です。

 

通勤中の音声メディア

出典:pixabay

自分の仕事に誇りをもってイキイキと働いている人もたくさんいる一方で日本では自分の仕事に誇りを持てない人も少なくないと言われています。
よくその一つの象徴とされるのは満員電車で通勤する人々の光景。
特に休み明けの出勤時、憂鬱になりながら会社に向かっているのなら音声メディアで元気を出すのも効果的。
仕事が楽しくなる方法、職場の人間関係を良好にする方法、このような状況を打破するヒントを音声メディアのパーソナリティーが教えてくれます。

▼合わせて読みたい▼

散歩中・ランニング中

出典:pixabay

散歩中やランニング中の音声メディアも効果的。
考え事をしながら音楽を聴きながら身体を動かすことはとても楽しいし景色や季節を感じる風を味わいながら歩くのも楽しい。
ですがより自分の成長に時間を注力し知識を入れたり役に立つ情報をインプットしたいという人はそんな散歩やランニング中に音声メディアを上手く利用しているようです。
もしかするとそのような時間の使い方によって差がつくということもあるのかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

ながら聴き

出典:pixabay

音声メディアの大きなメリットの一つとして挙げられるのばながら聴ぎでインプットができること。
洗濯物をたたみながら聴いたり着替えながら聴いたり。
特におうち時間が増えている今、新しく料理や裁縫などに挑戦しているという人も少なくないでしょう。
新しく始めることは慣れてくるまではなかなか気持ちが乗ってこないこともあります。
そんなときに音声メディアを聴きながら活動してみると捗るかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

時間を確保してみよう

出典:pixabay

そんな゙ながら聴ぎが有効である一方でしっかり時間をとってゆっくり聴くことも同じくらい大切。
ちょっと椅子に座って飲み物を嗜みながらゆっくりと話を聞いてみる、イイと思ったことをメモを取りながら聴いてみたり。
そこで出会った素敵だと感じた言葉はあなたの人生のなかで節目節目、壁にぶち当たったときに自分を救ってくれるようなとても大切な言葉になるかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

変ろうと思った瞬間から

出典:pixabay

素敵なモノやコトに触れて人生を変えようと決意した、具体的に何をすればいいか分からないけど何かを変えたい、そう思う出来事があればその帰り道から自分を変えていくことができます。
本を読んだり動画を観たり、新しいコミュニティに入るなどさまざまなアクションがありますがその一つが音声メディア。
何事も最初は気合が入ってモチベーションは高いけど空回りしてしまうことも少なくない。
まずは音声アプリをダウンロードしてみる、そんな小さなことから始めてみましょう。

▼合わせて読みたい▼

「受け取る」から「伝える」へ

出典:pixabay

誰でも気軽に発信が可能で一億総発信社会とも言われる現代社会ですが自分自身が伝える側に立つことはとても大切な意識。
どんなことにおいても伝えるもの、GIVEするものが増えれば自分は意識しなくても質の良いインプットが増え素敵な人が集まり人生が上手く回り始める。
音声メディアで色んなことを学んだら今度は自分が発信し色んな知識や元気が出る言葉を還元していきましょう。

▼合わせて読みたい▼

 

というわけで今回は存在感を増す音声メディアとどう向き合っていくかについての記事でした。

大変な世の中ですが頑張っていきましょう。