季節のイベントのなか自分は仕事… ここで大切にしたいこと

12月は1年最後の月、年末年始の節目に向けて世間も自分の生活も少し慌ただしくなるもの。

クリスマスや年末年始など世間は社会イベントで盛り上がっているのに、自分は仕事で忙しくて楽しめない、そう感じる人もいるのではないでしょうか。

というわけで今回は季節のイベントのときに自分は仕事、そんななかで大切にしたいマインド、頑張っていく方法についての記事。

しっかり休んで頑張ろう

自分のプライベートな時間のなかで社会イベントを楽しみたいという人には仕事でスケジュールが埋まってしまうのは少し残念。
社会イベントが近づくと業界、業種によっては繁忙期を迎え忙しくなる人も。
しっかり休みながら自分の仕事を通して季節のイベントを感じて行きましょう。

▼合わせて読みたい▼


創り出す側を楽しもう

クリスマスツリーやイルミネーション、そんな季節のイベントにちなんだ広告、街の雰囲気は人々の生活を彩るもの。
消費者が季節のイベントを楽しめるのもそのときに働いている人々がお仕事を頑張っているから。
消費者側ではなくても空間や商品、自分の仕事を通して季節のイベントを盛り上げていきましょう。

▼合わせて読みたい▼


「ずらし」で楽しむ

季節のイベントのときに自分が仕事で忙しいのは残念ですが繁栄期の行楽地やお店は混雑したり価格も高騰。
少し話題にもなった「ずらし旅」で快適な旅や行楽、アウトドアを楽しめるのはメリットですね。

▼合わせて読みたい▼


生き方を考える

春も夏も秋も冬も季節のイベントになると目に付いてしまう他人の楽しそうなSNSの投稿。
自分の時間を過ごせず、少し劣等感を感じてしまったら自分を変えていくエネルギーにしましょう。
現代では色んな働き方、生き方が浸透してきています。

会社で働き土日が休みという人が主流ですが現代では「毎日が休日」というような生活を送ることができ、好きなときに好きな場所で好きなように働くということがしやすい時代。
社会的イベント、行楽シーズン関係なく自分の気分で遊ぶ時間に変えることもできます。
特に今後なくなる仕事も予想されているなかでそんな働き方、生き方を考えていくことは大切ことと言えるでしょう。

▼合わせて読みたい▼



というわけで今回は季節のイベントのなかで自分は仕事、そんななかで頑張っていく方法、大切にしたいことについての記事でした。

年末の独特の雰囲気のなか、頑張っていきたいところですね。