貴重な時間である夏休み、夏季連休 意識したいことは?

 

 

夏をいいものにしていくなかで夏休み、夏季連休は大切な時間。

というわけで今回は夏をより良いものにするために夏休み、夏季連休に意識したいことを見ていきましょう。

 

自分の居場所

学校が辛いという子供、生きにくさを感じている社会人も少なくない。
長期連休最後の日、新学期に入る直前には自殺が増えるなんて話も。
シェアハウスなどの居場所、色々なコミュニティが存在し、学校に自分の居場所がなくても社会のなかで自分を肯定してくれて自分らしくいられる場所を探すことができます。
自分がいる世界が全てではなくこの広い世の中、自分を受け入れてくれる場所はきっとどこかにあると信じたいもの。
インターネットの世界でもリアルな空間でも夏休みの間に色んな人と出逢い、色んな空間に出向いて自分の居場所を見つけられるとイイですね。

季節を感じよう

季節を感じとにかく楽しむ、リフレッシュ。
夏季連休を迎え自分の時間を送る人々がいるのと同時に夏に繁忙期を迎え忙しくなるお仕事が夏を盛り上げてくれます。
夏を彩ってくれるお仕事に感謝をしながら楽しく過ごしていきましょう。

社会との向き合い

しばらく前から社会情勢は大変なことになっており、この夏も国民的行事、社会を揺るがす大きな問題も日々起こっています。
「この問題のこの解決策は賛成かな」、「この問題には反対的な意見かな」、「この問題は今の自分には少し難しいかな」などと関心を持つこと、自分のスタンス、考え方を持つことはとても素晴らしいこと。
しかしそんな自分の意見もあまりいいとは言い難いかたちで発露してしまうこともあります。
そんなことも意識ながら社会の問題とも向き合っていきたいところ。

災害とは切っても切り離せない我々の生活。
この夏も災害が起こっています。
自分にもできることを考える意識は大切ですよね。

夏休みの期間中は時間が比較的取れやすく自分の夢について考えるのにいい時間であることは間違いありません。
自分は人を喜ばせる仕事がしたい、人を助ける仕事がしたい、そういった自分の夢に気付くチャンスです。
社会活動やイベントのボランティア活動、自然との触れ合いなど色んな経験を通して社会と向き合うことも大切と言えそうです。

人生を夏休みに

現代では働き方も生き方も変わってきており、「人生が夏休み」な生き方を送ることも不可能ではない時代。
好きなことを仕事にする、遊びと仕事の境界線を無くしたいという人はこの夏から挑戦していくのもアリですね。

時代を感じよう

めまぐるしく変化していく社会と私たちの暮らし。
私たちの生活に大きく関わるテクノロジーやSNS、サービスなど何が流行って何が廃れていっているのか。
日々生きているなかで自分を取り巻く環境の変化を漠然とだけどたしかに感じていく、大切な事ではないでしょうか。

夏休み中に学ぶなかで歴史から学ぶことは有効な方法の一つ。
そして自分が何歳ごろになった頃には社会はどんな世の中なんだろう、古き良き文化は残り古き悪しき文化は消えていくのだろうか。
そのとき自分はどうなっていたいか、そんなことも考えていきたいところですね。

今を生きよう

時代を読んで自分の選択を決めるのしても自分の将来を考えるにしても結局は今を大切に生きていくしかない。
子供と言われる年齢の人も20代の人も30代の人もやっぱりそのときにしかできないことがあるのはたしかなこと。
何かに向かって努力するにしても遊びまくるにしても今という時間をしっかりと感じること。
お金や人間関係、生きるなかで大切な要素はたくさんありますがTime is moneyというようにその一つが時間。
貴重な時間をどのように過ごしていくかを考えていきたいところですね。

 

というわけで今回は夏休み、夏季連休で意識したいことに関する記事でした。

大変な世の中ですが頑張って生きていきましょう。