休日の楽しみの一つ スポーツ観戦の楽しさ

 

休日の過ごし方は実に色々。

そのなかでもスポーツ観戦することは一つの人気のある過ごし方とも言えるでしょう。

そして外出が難しい今だからこそこれからやってみたいことを考えたりするのにも最適な時間。

 

というわけで今回は改めて考えるスポーツ観戦の楽しさについてみていきましょう。

 

スポーツ観戦はお祭り

出典:pixabay

その競技自体をあまり知らなくても、いわゆる゛にわかファン゛、゛ミーハー゛で大丈夫、ライブイベントやお祭りのような感覚でスポーツ観戦に触れてみるのもイイですね。
スポーツ観戦が好きな友達の付き合いとして会場オリジナルの美味しいものを食べたり熱気のある会場周辺を回り歩くだけでも楽しいもの。
主催側もより業界を盛り上げようと創意工夫しており、会場内でバーベキューができたりなど楽しめる要素が充実しています。

▼合わせて読みたい▼

空間を味わおう

出典:pixabay

会場の入場ゲートをくぐりみどりの芝生と熱気のある客席のパノラマが広がる瞬間。
人が集まるからこそ感じる熱気とファンとの一体感を感じるのもリアルイベントだからこそですよね。
そしてスポーツ観戦の醍醐味の一つはキンキンに冷えたビール。
燦燦と照らす太陽と会場の熱気が相まった夏の暑い日に楽しむビールは最高ですね。
海を感じられるマリンスポーツ、街のなかを走り抜ける駅伝やマラソン、自然を感じたり街を感じたり、競技者ではなくても観戦者としてスポーツを通してそれぞれの空間を楽しむのも素敵ですね。

▼合わせて読みたい▼

出逢い

出典:pixabay

偶発的な出逢いがあるのもスポーツ観戦の魅力。
同じチームのファンもライバルチームのファンも選手の一挙手一投足に熱狂し同じ時間を共有している仲間。
応援しているチームに点が入ると興奮して思わず知らない隣の人とハイタッチして抱き合って試合が終わった頃にはもうすっかり友達。
スポーツバーで熱く語り合えるような一生モノの仲間もできるかも。
最近ではネットでも気軽に動画で楽しめたり、コミュニティがあったりと楽しみの幅も広がっていますよね。

▼合わせて読みたい▼

応援

出典:pixabay

応援することもスポーツ観戦の一つの楽しみ。
グラウンドのスターを応援し、選手もファンに元気を与えるために期待に応える。
各業界のスターは日常生活からテレビ画面を通しスマホの画面を通し私たちに勇気を与えてくれます。
何かと社会不安が萬栄している今の社会。
元気を出して楽しく頑張っていくためにも今の社会においては特に大切な事かもしれません。

▼合わせて読みたい▼

地元愛が高まる

出典:pixabay

パブリックビューイングで自国を応援したり地元の高校を応援して一体感を感じる。
普段は興味がなくても大きな国際大会であれば必ず観ちゃうという人も少なくない。
またチームスポーツであれば各チーム地域に根付いたチーム作りとして地元枠で選手を獲得しているみたい。
地元のスターを応援することも生まれ育った地域に誇りに感じる瞬間ですよね。

目的であり手段

出典:pixabay

応援しているチームが勝つこと自体が嬉しかったり、スポーツ観戦そのものも楽しい時間。
しかしスポーツ観戦は目的でもあり手段でもある。
好きなチームのおっかけとしていろんな地域に出向いてその街や自然を感じたりご当地の美味しいものを食べたり、そんな旅のきっけになったりする。
共通の趣味として友人と絆をより深められるきっかけとなってくれたりする。

地元が一体化し地元愛を感じられる瞬間を作ってくれる。
競技のことは知らなくてもそういった空間に気軽に足を運ぶだけでも新しい感動が得られるかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

 

 

 

 

というわけで今回は改めて考えるスポーツ観戦の楽しさについての記事でした。

今は外出が推奨されず制限も多いかもしれませんがワクワクすることを考えていきたいところですね。