2022年1月10日は成人の日 ここで大切にしたいこと

 

 

2022年1月10日は「成人の日」。

今回成人を迎えた人にはおめでたい日、そしてその上の世代の人にとっては自分が成人を迎えたころ、若かりし頃を思い出すような特別な日ですね。

というわけで今回は大変な時代のなか「成人の日」を迎えたことにあたりここで大切にしたいことの記事です。

 

 

遊ぶこと

人々の働き方も生き方も変化している現代社会。
特に今後なくなっていく仕事も予想され、好きなことを仕事にするということもひと昔よりもしやすい時代です。
生き方が問われるなかで、趣味、自分の好きなこととの向き合い方も大切になってきます。
足並みを揃えることを余儀なくされがちな社会生活のなかでは真剣に遊ぶことも少なくなってしまいがちです。
大人になっていくなかでいつの間にか疎遠になってしまう遊び、はたまた大人になったからこそ自分の幅が広がるような遊び。

真剣に遊ぶこと、大人と言われるような年齢になっても忘れないでおきたいものですね。

▼合わせて読みたい▼

学ぶこと

厳しい情勢が続く社会、早期退職やリストラなどの波が来ているよう。
日本人は社会人になると学ぶことが少なくなると言われています。
学ぶことは堅苦しいようなことだけではなく、日々過ごしていくなかでも全てが学びに変えられるものです。
社会的には「成人」となりおめでたい日ですが経験も知識もまだまだこれから色んなことを学んでいくもの。

自分自身を守っていくためにも学び続ける意識は大切なことと言えるでしょう。

▼合わせて読みたい▼

たくさん失敗する

「成人」となり、これから色んな経験をしていくということはそれだけ失敗の数も増えていくということ。
大人になると色んなことを知り、経験したことによって良くも悪くも先が見えるようになったり、会社と家の往復、決められたレール、ルーティンの型にはまり現状維持になってしまいがち。
学園祭での今思い出すと恥ずかしいような出し物をしたこと、学校のテストでイイ点が取れなかったこと、部活で自分の思うような成績が残せなかったこと、そんな失敗を思い出してみましょう。
「もっと本を読んでおけばよかった」、「勉強をしておけばよかった」、「もっと練習を頑張ればよかった」そういった今までに残してきた後悔した経験も今後にきっと生かされることですよね。

▼合わせて読みたい▼

自分が「成人」となったときのこと

自分が「成人」になったときと比べての社会情勢だったり、人々の価値観、当時流行っていたものを懐かしむ、当時の自分自身のことを振り返り初心に帰り、身を引き締めるのにはいい機会。
自分よりも若い世代からも気付きを得たり学べることが多いもの。
フレッシュな発想や行動も自分の価値観に取り入れていくことも忘れないでおきたいところですね。

▼合わせて読みたい▼

大変な時代のなかでの「成人」

大変な社会情勢に直面している今。
色んな災害や疫病を経験し自分の仕事、人間関係のありかた、生き方そのものに大きな影響を受けるている人もたくさんいることでしょう。

Z世代と言われる世代を中心に地球環境、社会課題への意識も高いと言われています。
この大変な時代に「成人」を迎える人たちもこの時代だからこそできた経験を活かし、今後社会に還元してくれることを期待したいものですね。

▼合わせて読みたい▼

 

というわけで今回は「成人の日」を迎えたのにあたりここで大切にしたいことの記事でした。

大変な世の中ですが頑張っていきましょう。