楽しく見直せる 自分に、地球にやさしい消費活動

 

サスティナブルやSDGSといった言葉もよく聞かれるようになった近年。

日々消費活動をするなかで少しでも意識できることがあるとイイですね。

というわけで今回は自分に、そして地球にも優しい、楽しく見直せる消費活動について見ていきましょう。

 

食生活

出典:pixabay

当然ですが「身体は食べたもので作られる」というように食は健康的な生活のなかでとても大切な要素。
加工食品や産地、遺伝子組み換え、そういったことも少し気を遣いより豊かな食生活を見直したいところ。
人々の自然環境などにも配慮した食生活への意識も高まっているよう。
そのような意識を持つことは今の時代においては決して高尚なことではなく、とても身近なことになってきているのかもしれません。

衣料品

出典:pixabay

衣食住のなかの一つにも入っている毎日着る服。
プチプラアイテムでお財布にも優しくオシャレができる時代。
そんななか消費者はブランドコンセプトや生産背景などにも目を向けるようになってきていると言われています。
そして毎日服を着るなかで同時に発生するのが洗濯。
合成洗剤云々、少しでも気を遣い、環境に優しい商品を使っていくことは大切な事かもしれませんね。

▼合わせて読みたい▼

車社会のなかで

出典:pixabay

エコカー、電気自動車、自動運転の普及と近年変化の激しい車社会。
所持をしなくてもシェアカーが普及したり、バンライフといった楽しみ方も盛り上がっています。
例えば近いところには歩いていく、同じエネルギーを輩出する乗り物としてとらえれば電車やバスでも、たまには運動がてら街の景色を感じながら一駅分歩いてみる。
楽しくできる環境に、そして自分に優しい心がけではないでしょうか。

▼合わせて読みたい▼

住環境

出典:pixabay

リモートワーク、ワーケーションなど場所を選ばない働き方もできるようになっているなかで地方への移住といったこともよく聞かれるようになりました。
コンクリートジャングルのなかの刺激的なライフスタイルでは無駄に消費してしまうこともあります。
自然豊かな場所でのライフスタイルも魅力的ですね。

▼合わせて読みたい▼

情報社会のなかで

出典:pixabay

手元で気軽に素晴らしいコンテンツに触れられてお買い物も楽しめる時代。
世の中には面白いコンテンツが溢れて便利ですが、思わず課金沼にはまる、必要以上に時間を取られることもあります。
デジタルデトックスのようにときに少し情報から距離を取ってみる、情報との向き合い方を考えることはとても大切なことかもしれません。

旅行

出典:pixabay

エコツーリズムというような言葉があるように歴史や環境に結びつきの深い旅なども今の時代においては大切と言えそう。
壮大な自然、先人の叡智が詰まって洗練された建築物も歴史やその背景への理解を深めながら楽しむ。
旅を通して教養を高めることも素敵なことですね。

▼合わせて読みたい▼

 

 

というわけで今回は楽しく見直せる地球にやさしい消費活動を見てきました。

なかなか普段から環境のことを考えるコトは難しいという人もいるでしょう。

ファッションやグルメ、そんな自分の好きなことを通し、楽しみながら社会にイイ方向に作用するような消費生活が送れるとイイですね。