オフライン、リアルな場だからこそ感じるメリット5選

今世の中ではオフラインからオンラインに切り替わったものというのがたくさんあります。

オフラインでやっていたことをオンラインでもいい、むしろそのほうがいいと気付いたものもあれば、そうでないものもあります。

そんななかでオンラインで行われていたものがまたオフライン、リアルな場での活動に戻ってきているという話もあります。

良いものも悪いものも戻ってきてしまうのでしょうか?

また、ジャンルによっては絶対にリアルの場での楽しみが消えない不遍のものもありますね。

ジャンルによっても変わってきますが今回はどんなことにも共通するオンラインとは違うオフライン、リアルの場だからこそ感じられるメリットについて話していきたいと思います。

 

身体全体で感じる、楽しめる


なんといっても身体全体を使って楽しめるということではないでしょうか。
仕事、勉強、遊びでも人間関係にしてもそうですね。
天気、風、暑い寒い、雰囲気、高まる気持ち、このようなものはリアルだからこそ、味わえるものかもしれません。
最初からオンライン、自宅で楽しめる運動やスポーツ、イベントであればいいですが、外でできることは外でやりたい、そんな人もいるかもしれません。
また、仕事でも見えることが限られているリモートではなく五感を駆使してそのときの空気感、仲間と何かを作り上げる喜びなどを感じれるオフライン、リアルな場というのはやっぱりいいものですね。
仕事で怒られて悔しい思いをして見返してやろうと誓う、人間関係で嫌な思いをしてその後の人生に生かすなど、人生の転機となるような体験もリアルの場だからこそ、そのときの感覚が身体中を染み渡り一生忘れない、そんなこともありそうな気がします。

気持ち、意思疎通にメリットが


意思疎通をしていくうえでメリットがあるかもしれません。
本当に必要のない出勤、無駄な顔合わせだけの会議など消えるべきものもありますが、リアルの場だからこその意思疎通の面においてのメリットはまだまだ多いのかもしれません。
しかし、リアルならではの良さをしっかり理解したうえでオフライン、リアルな場を生かさないのであれば意味がないものです。
また、オンラインデートなども流行っているようですが、オンラインで楽しめるからこそ、リアルな場での楽しみも見いだせる。
オンライン、オフライン、それぞれにないものを補完し合うということですね。
お客さんとの会話や、人との温かみを感じられるというような人情味のあるものはやはりリアルの場だからこそのメリットではないでしょうか。

小回りが利く

ちょっとしたことがリアルな場だとやりやすいということがあるかもしれません。
また機械に疎くてリモート、オンラインのシステムが使いづらい人などがいるという意味でもリアルな場で話したり、「現地に行ってやっちゃったほうが早い」という人もいるかもしれません。

自然に触れる


上記の通り、
大自然の天気や空気、温度などは自宅、オンラインでは味わえないものかもしれません。
もちろん、普段の生活で触れられるものではありますが、旅行や趣味としてまた思い切り楽しめるときが待ち遠しいものです。

街、人を感じる

それとは反対に人が作り出す建築物や商業的な営みもまた、リアルな場ならではの楽しみかもしれません。
買い物も店舗で見たいという人もいるでしょうし、外食も店の雰囲気が大事という人もいるのではないでしょうか。

出会いの場や偶発的な出来事も活気のある街、人がオフライン、リアルの場に溢れ出しているからこそ感じることができるのかもしれません。

 

まとめ

というわけで今回はオフライン、リアルな場所だからこそ感じられるメリット5選でした。

絶対的にオンラインに切り替わらないものもあれば、リアルな場で楽しめることは少なくなっていくものもある。

言い悪いではなくオンライン、オフライン、お互いにないものを補完していくというのが自然なことなのかもしれません。