おうち時間はモノづくりに最適 作りたいもの8選

 

おうちでの時間も増える今の時期ならではの楽しみの一つは自分で何かを作ること。

料理や裁縫など挑戦したことのない人も今は絶好のチャンス。

というわけで今回は今だからこそ作りたいモノ、そんな記事です。

 

余りものを使って生活用品を

出典:pixabay

普段からモノを再利用して生活用品として使っている人も少なくないかもしれません。
使った段ボールを再利用して何かの入れ物に使ったり、古くなったバスタオルを自分で手縫いして雑巾、足拭きマット、キッチンマットに再利用、着なくなった服をペットの洋服に再利用したり。
おうちでの時間はそんなハンドメイドには絶好の機会。
煌びやかで高価なインテリアに囲まれたお部屋も素敵ですが、ずっと愛用してきたものを再利用してハンドメイドしたオリジナル雑貨に囲まれたお部屋も悪くないですよね。

▼合わせて読みたい▼

家庭菜園

出典:pixabay

観葉植物を部屋に飾る人は少なくないですが、LEDを使ったりなど、部屋で食べられる野菜を栽培することもできます。
水耕栽培器など簡単に始められるセットも販売されています。
有り余るおうち時間のうちにそんな未来に収穫する野菜を仕込んでおいて中長期的な楽しみを作っておくこともアリ。
ちなみに余った野菜を近所人におすそわけするなんてのは良くも悪くも残る日本独特の文化。
助け合いが大切な昨今の社会情勢ですがこの機会にそのような価値観もアップデートし新しい文化も作っていきましょう。

▼合わせて読みたい▼

マイバック

出典:pixabay

最近レジ袋が有料化しましたよね。
安いからって惰性で毎回レジ袋を使っていませんか?
3円、5円を笑うものは3円、5円に泣く。
買い物が楽しくなるにも無駄にレジ袋を消費しないためにもマイバックを自分で作るのもイイ。
使い古したデニムを使ったデニムバッグなどユーモア溢れ個性豊かなファッションアイテムを作るのも素敵ですよね。

▼合わせて読みたい▼

プログラミング

出典:pixabay

何かを作るにしても自分の将来につながるものにリソースを割く意識は大切。
今の時代、かなり需要が高いのがプログラミング。
インターネットが生活の中心にある今、自分の作ったサイトやアプリなどを世の中に出していくことができます。
将来性が高いと言われているプログラミング、この機会に始めてみてはいかがですか。

▼合わせて読みたい▼

子供と一緒に作って楽しもう

出典:pixabay

子供心を思い出していっしょに粘土遊びやプラモデルを組み立てたり。
主要教科目も大切ですが巧緻性を鍛えたり感性を養うためにも大切な事。
オトナの我々もやりたいことが見つからないという人は他の強化は苦手だったけど図工の授業だけは楽しかった、理科の実験のときは楽しかった、そんな原体験、それぞれの子供の頃を思い出してみると自分のやりたいことのヒントが見つかるかも。

▼合わせて読みたい▼

アート

出典:pixabay

何かと騒がしい昨今の社会情勢。
「この気持ちはどこに吐き出せばいいんだっ」
そんなときは絵、音楽、仕事のプロダクトやデザインに落とし込んでいきましょう。
最近はデジタルアート界でウワサのプラットフォームも台頭してきています。
勇気を出して自分の作品を出品してみれば思わぬ価値が付くかもしれませんよ。

▼合わせて読みたい▼

モノづくりは楽しい

出典:pixabay

日本人は職人気質で細部までこだわりぬくことが得意なんてことを聞くことはないでしょうか。
料理も陶芸もインテリアを作ったり、機会を分解して改造したり、一から何かを作ったり。
日本人が誇るクラフトマンシップを受け継ぎ、夢中でモノづくりをしてみればその業界の職人になれるかも。

また現代では個人でモノを気軽に販売できるようになっていますね。
副業が推奨されている今、自分の好きなことを通して作ったものを販売してみるのもイイですよね。

▼合わせて読みたい▼

自分の未来を作ろう

出典:pixabay

色々作るものを書いてきましたが何よりも作りたいのは自分の未来。

゛ からだは食べたものでつくられる
  心は聴いた言葉でつくられる
  未来は話した言葉でつくられる ゛

運動が減り太りがちなこの時期に健康に気を遣い食にこだわり、動画や音声で前向きな言葉を聴いてインプットし、仲間と明るい未来を語る。
おうち時間にモノづくりを通して自分の人生、未来を作っていきましょう。

 

▼合わせて読みたい▼

 

とういうわけで今回はおうち時間のうちにやりたいハンドメイド、モノづくりの記事。

おうち時間が増える今、モノづくりを通して生活を豊かにしていきませんか。