今年も残り約1か月 この時期にきて思うこと 

 

2021年11月も終盤。

今年も残り約1月となりました。

今回は年末に入るなかでこの時期になると感じることについての記事。

 

世間の雰囲気

年末はどこかソワソワした独特の雰囲気。
仕事であれ、遊びであれ、特に意識しない日常生活のなかであれ、みんな社会のなかで同じ季節のイベントを共有します。
街の雰囲気もクリスマスツリーやイルミネーション、年末年始に向けての広告もよく見られるように。
非日常感も味わえて楽しいものですがバタバタして少し疲れやすい一面も。
自分を大切にしながら頑張っていきましょう。

▼合わせて読みたい▼

ときの流れ

ときの流れというのはあっという間。
それぞれ道に進むなかで、1年前と比べ何か前に進んだのだろうか、この道は正しいのだろうかと考えてしまうことも。
少し焦燥感を感じていまいがちな時期ですが今を大切にして過ごしていきましょう。

▼合わせて読みたい▼

恒例行事

クリスマス、年末年始など恒例行事も近づいてきました。
そんなイベントにちなんだ冬の期間限定の恒例商品も始まりこの時期の消費活動はすごく楽しいもの。
テレビからも季節を感じるCMが流れ「今年ももうこの時期がきたなぁ」と感じたり、色々な特番も放送されます。
何かと疲れる社会生活のなかで自分へのご褒美として特別感を感じながら楽しむこともときには大切ですよね。

▼合わせて読みたい▼

残り1か月も大切に

色々と大変な社会情勢のなかで過ごしたこの1年も気付けば残りわずか。
今年も成長したり、失敗したり、色んなことがありました。
そんな1年の反省と来年への期待を膨らませながら残り1か月を頑張っていきましょう。

 

というわけで今回はこの時期になると考えるコトについての記事でした。

2021年残り約1か月、楽しく過ごしていきましょう。