学んだだけでは良くないかも。 インプットのためのインプットにしない方法

インプットやアウトプット、こんな横文字ですが現代では意識高い系と言われるような人たちだけに関係することではないかもしれません。

働き方、ライフスタイルがどんなかたちであれ学ぶこと、学んだことを実践していくことは現代では誰にとっても大切な事。

そんななかでよく言われるのはインプットのためのインプットになってしまうこと、勉強してもそのままになってしまうこと。

というわけで今回はインプットのためのインプットにしないための方法について書いていきたいと思います。

 

合わせて読みたい

 

ノイズになるものはいれない

出典:pixabay

インプットをしていくべきとは言ってもやはりやみくもに情報を入れるだけではいけません。
本当に自分にとって必要な情報だけを入れていく意識は大切。
今は情報が溢れていて過多な情報は逆にノイズになってしまうことも。
自分にとって大事にしたい価値観、心を動かさなかった情報を入れてもアウトプットすることもなく無駄に自分を迷わせることも。
そんな自分にとって本当に必要な情報を知るには自分で自分のことをよく分かっているということも大切。
自分のやりたいこと、理想、それをしっかり自分自身で理解しておくべきと言えるかもしれませんね。
「自分の背中は自分では見えない」と言うように自分だけでは自分の事をよく分かっていない一面もあります。
何か現状を変えたいと思っていてまだやりたいことがない、変わりたいと思った最初のうちは意識的に情報を入れてみたり色んな価値観に触れてみてて少しづつ取捨選択をしていく、リテラシーを高めていくことが大切かもしれません。

合わせて読みたい

自分を律する

出典:pixabay

日常でダラダラとSNSを見ていて気付けば時間が過ぎ去ってしまうということはよくあること。
朝から見てしまうSNSなんてのはその典型。
何となく見るSNSやすき間時間に少しだけ笑わせてくれる動画などは日常を楽しませてくれます。
しかし何か成し遂げたいことがあるなら時間の無駄、そんなことに時間を使わないという意識は大切かも。
特に挑戦を始めた最初のうちは時間の使い方が特に重要になってきます。
そしてネットとの向き合い方を考えることは日常生活全体が潤うことにもつながりそうですね。

合わせて読みたい

仕組み、構造に落とし込む

出典:pixabay

インプットのままで終わらないようにするにはちゃんと仕組み、システムに落とし込むことが大切。
学んだことをすぐに発信としてアウトプットできるようにSNSのアカウントを作っておくとか、常にメモを持ち歩くとか。
ルーティンに落とし込む、それも大切な事ですよね。

合わせて読みたい

ライフスタイルを変えよう

出典:pixabay

あえてインプットのために見るニュースメディアや音声メディアもういいですが関わる人、滞在する環境そのものが洗練されてレベルが高まれば人との会食や雑談、その空間など生活自体がインプットになりますよね。
他にも例えば見る映画を「ストーリーが面白そう」、「好きなキャストが出演している」という理由から「どうせなら学びになることに時間を使おうかな」というような考えにしていくだけでも効果がありそうです。
英語力が鍛えられるように字幕版で見たり、英気を養うつもりで人間力を鍛える目的でヒューマンドラマを観る、少し目的意識を持つ、目的を変える。
こういった変化が少しのきっかけを生み出し大きな変化点になることがあります。
また今の時代では有名人、その道のプロと比較的会いやすく、コミュニケーションを取りやすくなっています。
ネットを通してリプライがもらえることも。
憧れのあの人や自分の道を先行くあの人に積極的に絡んでみる、そしてそこで反応してもらえるにはどうしたらいいかを考える。
何かのイベントがあったときに飛びつけるように情報を得る、またそういったイベントに参加するための費用、時間を惜しみなく投資をする、マインド、小さな実績等の準備をしておく、とても大切なことですね。

合わせて読みたい

感受性を磨く

出典:pixabay

相手の話、コンテンツのレベルではなく、自分自身がその話、コンテンツをどのように聞くか、見ることができるのかということも大切な要素と言えそうです。
自分自身の感受性を高めることができれば相手のつまらない話、つまらないコンテンツをいくらでも自分の学びに変えることができます。
上記ではライフスタイルを変えると表現しましたが逆に今のライフスタイルからでもたくさんのインプットに変えることができるのです。
遊んでいるときでも、いや遊んでいるからこそ最高のインプットが得られるかも。
また日常の中で変な人に会っても心の中では「バカだな」と思ってもイイではありませんか、もうこんな人とは二度と関わらないと決めて反面教師としてそのときだけは最大限の学びを得ましょう。
そのような日々を送るためには感受性を高めることは大切。
感受性を高めれば学びだけでなく日常から小さな幸せを見つける力も養えそうです。

合わせて読みたい

アウトプットの結果から得るインプット

出典:pixabay

インプットのためのインプットは意味がないとはよく言われること。
インプットとアウトプット比率、1937など色々な考え方があるようです。
とにかく何事も行動から始めてみて実践、行動した結果としてのフィードバックが結果的にインプットになる、それくらいのほうがイイという人もいるかもしれませんね。

 

というわけで今回はインプットをより良いモノにしていく方法について書いていきました。

学び成長すること、少しだけでも自分を豊かにするためにも大切な事ですね。

せっかく学んだことですからしっかりとアウトプットしていきたいところです。