華の金曜日 週末だからこそしたい楽しみ方8選

 

華金とも呼ばれる週末の金曜日。

次の日が休みで開放感もあり羽を伸ばしたくなるものです。

というわけで今回は週末だからこそ楽しめる華金の過ごし方5選です。

 

 

飲み会

出典:pixabay

一部では「無駄な飲み会は行くな」という声も聞こえてくるようになりましたがやっぱり゛飲みにケーション゛はある程度は大切だという人もいるでしょう。
人間はネガティブが大好きな動物ですが人のウワサや上司の悪口や会社の愚痴で盛り上がるのはナンセンス。
未来の話や夢の話、前向きな話、そんなカッコいい話はしなくてもちょっと前向きな話ができる人達との飲み会がイイですね。
大切なのは友人ではなく仲間。
高め合える仲間との飲み会はときに有効とも言えるでしょう。

▼合わせて読みたい▼

スーパー銭湯、温泉

出典:pixabay

リラックスタイムの定番の一つが温泉。
旅館や温泉地の名所ではなくてもお手軽にリーズナブルに楽しめるのもスーパー銭湯の魅力。
季節湯、寝湯、サウナ、風情のある露天風呂、食事処で食事を楽しみ、仮眠室で安らぐひとときは1週間の疲労も癒されます。
併設されたWIFIコーナーのディスクでは少しパソコンでお仕事もできるし、漫画コーナーでは読み切りたい漫画との出逢いもあるかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

映画

出典:pixabay

次の日が休みならオトクに観れるレイトショーでゆっくり映画を楽しめる。
そうやって映画館で話題の映画を楽しむのもイイし、またおなじみ「金曜ロードショー」でおうちのテレビを通しむかしの名作を楽しむのもイイ。
映画の世界観に浸りつつ寝床につけば素敵な夢が見られるかもしれませんね。

▼合わせて読みたい▼

ナイトミュージアム

出典:pixabay

ナイトミュージアムなどで夜の幻想的なアートに触れてみるのも素敵な時間。
また最近一部で話題となっているアート思考。
抽象的で解釈もそれぞれで、ある種゛分かりにくいもの゛をどのように捉え解釈していくか。
正解のないものに自分なりの仮説を立てながら見ていく姿勢は現代において大切だと言えそうです。
またモノづくりやエンタメ界隈、サービス提供者ではなくても人が集まるミュージアムのような居心地よい空間づくりを学んでみることはとても素敵な事ですよね。

クラブ

出典:pixabay

週末には人が溢れ店内は一層盛り上がりを見せるクラブ。
オトナの遊び場定番スポットと言えるでしょう。
朝まで音楽、出逢い、お酒を楽しむ。
怖いイメージも持たれがちですがセキュリティーもしっかりしていて快適に楽しめるようになっていますよ。

寄り道

出典:pixabay

遅い時間になっても安心して過ごせるのが週末の良さ。
ただまっすぐ家に帰っておうちの時間を楽しむのもイイですが少し寄り道して色んなものを見たり経験することはとても楽しいこと。
道草を食うではないですが色んな経験を゛味見゛してみることは大切な意識。
゛食わず嫌い゛で経験を遠ざけていると知らぬ間に人生損をしているかも。
一駅分歩いてみる、少しカフェに立ち寄って読書をしてみる、お店に入ってウィンドウショッピングなどをしてみると新しい発見があるかも。
昼と夜で全く違う姿を見せる街並み、ときには欲望渦巻くネオン街の誘惑に負けて身を委ねてみてはいかがですか。

▼合わせて読みたい▼

おうちでの時間

出典:pixabay

外出を推奨されていない今の社会。
GW中に断捨離や模様替えをしたという人も多いはず。
普段から出歩くのが好きで家で過ごす時間が少ないという人は、また時期が来れば外出の機会も増えるでしょう。
もう散々聞いたと思いますがやっぱりどうせならこの機会におうちでしかできない時間も楽しみたいものですね。

▼合わせて読みたい▼

自己研鑽

出典:pixabay

週末や休日みんなが遊んでいるときに何かを努力することはとても大切な事。
周りと差をつけるチャンスとも言えるでしょう。
ただ上で書いたような楽しい遊びも意識を変えれば学びに変わる。
学びの姿勢で見れるかどうか、それは決して堅苦しいことではなく色んなことを知っていくことはとても楽しいこと。
意識せずとも自然とそのような学びの姿勢で物事を見られるようになるとより生活が楽しくなりそうです。

▼合わせて読みたい▼

 

というわけで今回は華金だからこそ楽しみ方8選でした。

休み前日金曜日の華金、イイ休日を迎えるためにも素敵な時間を過ごしたいものですね。

 

※この記事は外出を促すものではありません。