日常を潤してくれるスタ― 何を感じ何を学ぶか

 

スターという存在は日常で私たちの生活を潤してくれます。

元気をもらったり、楽しませてくれたり、話題を提供してくれたり。

画面の向こう、グランドのなか、ステージの上のスターに何を学ぶのか。

 

というわけで今回はスターから感じること、学びたいことに関する記事です。

 

 

同じ人間であること

出典:pixabay

スターにはときに常人離れしたような才能と実績、表現力を見せつけられて「雲の上の存在」、「住む世界が違う人間」だと圧倒されることがあります。
しかし、当然ですが同じ人間で同じように生きてきて最初は一般人、その道の素人だったはず。
とはいえ各業界スターにまでなれる人はほんの一握りであることも忘れてはいけない。
スターになるようなナンバーワンクラスを目指すのではなくても小さなコミュニティのなかでのナンバーワンを目指す、オンリーワンになる、誰かを応援、支える側になるのも素敵ですよね。

▼合わせて読みたい▼

陰の努力

出典:pixabay

スターに対してそのような存在になれたのは「才能があったからだ」、「特別な何かがあるに違いない」そう考えがちなところもありますが陰での必死の練習や努力があることも忘れてはいけません。
ファンに喜んでもらえるように企画やプロジェクトを考え、本業以外にもSNSなどを通し発信し人に見られることを意識したり。
スターのストイックさには感服させられますよね。

見えない苦悩

出典:pixabay

ある大スターが引退時マイクを置くのと共に残した「普通の女の子に戻りたい」という言葉、この一言からもスターならではの生き方が垣間見えます。
周りが求めるキャラクター像を演じること、孤独、今の地位を失うこわさなど色んな苦しみを持っていることも少なくないようです。
特に現代では何でもない人がSNSなどを通して比較的簡単に何者かになれてしまいます。
目立ちたい、行き過ぎた承認欲求は自分を苦しめてしまうことも。
今の時代ならではの問題ともいえるかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

人間性にも魅力

出典:pixabay

紳士的なプレーやメディアに対する対応などにもスターの人間性が見えてきます。
トップになれる人には技術や才能などだけではなく魅力的な人間性があるのでしょう。
ビッグマウス、歯に衣着せぬ発言、スキャンダルで社会を騒がせ話題に事欠かないクレイジーな生き方もときに魅力的でカリスマ性を感じさせてくれますよね。
その道を究めたスターの特集やドキュメンタリーを観るとジャンルを超えて通用する仕事術や人生全般にも活かせるものが見つかるのではないでしょうか。

▼合わせて読みたい▼

生き様がカッコいい

出典:pixabay

ジャンルの垣根を超えマルチに活躍するスター。
一芸に秀でスペシャリストとしてチームに貢献する選手や表現者。
過去の辛い経験を糧にして成功する姿、自分のコンプレックスを武器に変える人。
かつて同じような悩みを抱えていたりなど自分の生き方にも大きな影響を与えるスターには日々元気をもらいますよね。

未来のスター

出典:pixabay

現代では情報が民主化しどんな業界でも今まで先人が世の中に蓄積してきた身体づくりの方法や、技術を享受できるようになっておりテクノロジーも発展しています。
またスターの活躍が見られる媒体も変わり、カッコいいとされるスター像や価値観も変わってきています。
情報や選択肢が増えている現代社会のなかでこの先各業界でどんなスターが生まれてくるのでしょうか。
もしかすると自分自身がその業界のスターになれるかもしれませんね。

▼合わせて読みたい▼

 

というわけで今回は私たちの日常を潤してくれるスターから感じること、学べることについての記事でした。

テレビ、スマホ、街の広告看板。

日頃目にするスターからも色んなことを学んでいきたいところですね。