外出ムードになったときまでに捨てておきたいこと

社会は自粛ムードですね。

先を読むことはなかなか難しいものですがしばらくは経済状況も悪くなり、色々と大変なことも続きそうです。

そんななかで心身共にある程度準備しておきたいものもありますね。

そしてこの自粛のうちに精神的にも物理的にも捨てておきたいものがあります。

というわけで今回は外出ムードが高まったときまでに捨てておきたいこと、直しておきたいことについて話していきたいと思います。

(関連記事:自粛はもう後半戦? 家での過ごし方まとめ

不本意についた脂肪、体重


この時期にどうしても運動不足になってしまったという人がいるかもしれません。

そして、「飲まなきゃやってられん」ではないですがお酒を必要以上に飲んだり、暴飲暴食が増えたという人もいるのではないでしょうか。
デブエットのように身体を大きくしたのではなく、意図せず増えてしまったのならあまり好ましいとは言えないかもしれません。

デブエットとは、食事を用いて体重を増やして体を大きくさせる行為のことである。ダイエットの対義語である[1]。引用:Wikipedia

今頃は夏に向かって露出が増えていくなか、身体に気をつかっていた時期かもしれませんね。
特にこんな世の中ですから外出解禁に向け訛ってしまった身体を絞り臨戦態勢をとる、そんな気合も大切なのではないでしょうか。

良いとは言い難い習慣


この自粛によるステイホームのうちにダラダラしてしまったりなどあまり良くないと言えるような習慣がついてしまったという人もいるのではないでしょうか。
ストレスのたまりやすい時期でもありますから、自分を甘やかすこともある程度大切だったと思います。
一旦はそれでも良かったかもしれませんがこれからはある程度、そういった習慣もやめにしてまた、ギアを一つ上げていく、心身ともに引き締めていく、そんなタイミングもあるかもしれません。

家にあるいらないモノ

このステイホームの間に大掃除をした人もいるのではないでしょうか。
今はリモートワークになっていますが、また外で活発にお仕事をするときがくるかもしれません。
家にあるいらないモノは捨てて、疲れて帰るのが楽しみだと思えるような空間を作っておきたいものです。

偏見、変なプライド、こだわり

今回の社会の騒動によって気付けたこと、分かったことがたくさんあると思います。
外出できなくなって「住む場所も都会ではなくてもいいのかな」と気付いた、「孤独をお金で紛らわすことはできないんだな」と気付いた…などなどそれぞれにあると思います。
そしてこんな社会情勢ですからアフターの世界、変化の時代を生き抜く情報がたくさん出てきています。
外出できない時間を読書やコンテンツによる学びに変えたことでそんな新しい知識を手に入れたという人もいるのではないでしょうか。
しかし、そこで学んだことは、これから回り始める社会のなかで実践してアウトプットをして初めて意味があるものです。
また、そんな社会のなかでこの期間に学んだ経験、知識、教訓を生かして何かを選択しようと思っても変なプライド、こだわりが邪魔することがあります。
外出ムードが高まり、社会が活発になるころまでには邪心、変なプライドは捨ててしまいたいところですね。

古い価値観、固定概念


これほどまでの騒動が起こっても人間、社会は大きくは変われないという見解もあるようです。
それは、どんな業界でも時代にそぐわない価値観、固定概念を持っている人間が上にいる、権力を持っているからというのも一つの原因だと言われています。
古き良き文化だけは残り、悪しきものは消える、なかなか上手くはいかないものなのでしょうか。
日本人ならではの同調圧力も関係しているようです。

しかしそんな同調圧力から抜け出したファーストペンギンが先導しのちに色んな人が真似して新しいモノが生まれるということもあります。

自分たちはそんな柔軟な考え方を持った人間として生きていきたいものです。

過去の事


これも偏見、変なプライドなどにも通じることですが、そういった類のものは過去に聞いたもの、経験したものによって作られるものもありますね。
この社会の騒動、自粛期間をきっかけに自分と向き合うことが増えたという人もいるかもしれません。
もしつらいことがあって引きずっている人がいるのなら今のうちに捨てておくことが大切です。
過去の失敗のトラウマで踏み込めなかったり、これから苦しいことが続きそうななかで、さらに重荷になってしまうこともあるかもしれません。

また、結果的に捨てることはできなくても上手い付き合い方を見つけたいものですね。
そして、この騒動で色々と失ったもの、貴重な経験も一秒後にはもう過去として積み重なっていきます。
今後の人生のための引き出しが増えたということかもしれません。

 

まとめ

というわけで今回はこの期間のうちに捨てておきたいことを話してみました。

物理的にも精神的にも捨てておきたいものがありますね。

捨てるものがあるからまた得られるためのスペースもできるのかもしれません。