雇われずに生きていく フリーランスの種類

自由に生きたい・・・そのように思っている人はたくさんいると思います。

現代は色んな働き方ができるようになりました。

 

近年では終身雇用の概念も崩壊し多様な生き方が認められるようになってきています。

これからはお金を稼ぐことよりも信頼を稼ぐ時代と言われています。

信頼があればお金がなくても生活に困らないほどの時代になりました。

信頼されていることによってSNSで呼びかければ助けてくれる人が出てくるような時代になったのです。

というわけで今回は今後は自由な生き方の流れが強くなることもあり自由な働き方、フリーランスについて話していきたいと思います。

 

フリーランスの種類

まずフリーランスと言っても本当に色々な種類があります。

ライター系

ブロガー、アフィリエイターなど

ブログで情報発信していくことやアフィリエイト、広告収入を得るタイプです。

ライターはランサーズなどの仲介サイトで仕事を受注したりSNSのDMで依頼を受けたりすることができます。

業務委託の形は多様で全体の一部をフリーライターに任せるなど断片的に仕事をしていくこともできます。

そして実績を作ることによって自分が外注する側に行き編集者になるなど階級を上げていくことができるのです。

音楽活動

作曲、歌手など

作曲家として企業などに楽曲を依頼されて製作したり自分の曲を販売して生活している人もいます。

本格的に活動している人やエンジニアなど他の仕事と兼ねている人もいます。

歌手としての活動したり、自分で音楽教室を開いたりもできるのです。

今はネットで配信すれば実力があればすぐに拡散する時代で人気を集めることができます。

そしてグッズ販売、イベント開催などをやっていくようです。

 

デザイン系

イラストレーター、漫画家、カメラマン、ディレクター、芸術家など

自分の趣味を仕事にしている感じですね。

カメラマンとして写真や動画を撮影して提供する。

今ではフリーランスが電車内の広告や商品のカタログを製作することもあるようです。

本以外にもアプリで読めるようになったことで漫画家として活動しているフリーランスも増えています。

また企業商品の宣伝としても漫画を描いたりなど形はさまざまです。

陶芸や伝統工芸品を作って販売するような芸術家もいます。

Webサイトで各自で販売できることから外国からの購入があるのも大きいようです。

エンジニア

エンジニアはアプリの開発やシステムの開発を行うような仕事です。

スキルが必要なこと、実績もないうちは仕事を受けることが難しいようです。

最近はフリーランスに委託する企業も増えているようです。

経営コンサルティングなど

WEBやSNSでの集客などの相談、セミナーやサロンを開いたりするフリーランスです。

自分が成功して今度は教える側に立つという感じです。

外国語翻訳

フリーランスの翻訳者は企業のマニュアルや海外の小説などを翻訳するようです。

個人であってもその道のプロならば凄い仕事ができるのです。

ネットショップ運営

個人でネットショップを運営することもできます。

これも多いフリーランスの一つです。

海外からのブランド商品を仕入れて販売したり自分が制作した商品を販売したりしています。

仲介系

人材紹介

人材派遣会社と契約してネットなどでの紹介が出来るサービスを使っています。

不動産

不動産屋に行って紹介する一般的なやり方をそのまま個人がやっているという感じです。

美容関係

ネイリスト、美容師など

イベントのときなどにメイクをしたりメイクを教える側として活動するようです。

SNSやブログで集客しお客さんを見つけているようです。

運転手

個人タクシーというものがありますがあのようなイメージです。

最近はUberなどのアプリも話題ですね。

人以外にも荷物や食事運搬もあるようです。

民泊やゲストハウスの経営

自分の家で人を格安で泊めたり、ゲストハウスの経営などもあります。

初期費用がかかるようなところが難点と言えそうですが最近はクラウドファンディングなどで企業資金が得られる仕組みがあります。

農家

昔からあるものですが農家もフリーランスになります。

情報発信系

コーディネーター、ユーチューバーなど

ブログやユーチューブなどで情報発信している人もいます。

自分の好き、得意なことを専門にコーディネーターとしての活動などです。

今は店の人自身がインフルエンサーになることで販売力を上げたりなどしています。

本を出したりメルマガを出したりしている人もいますね。

会社勤めのメリットとデメリット

会社勤めのメリット

ルールが決まっている

何時から何時までと就業時間が決まっていたり会社独自のルールがあることで行動指針が決まります。

ルーティーンが決まっているほうが好きな人もいます。

フリーランスになると自己管理が重要になるのに対し会社ではルールに合わせることによって楽だという一面もあります。

収入が保証される

収入の見込みが不透明なフリーランスとは違い確実に収入が入ります。

思い切って会社を辞めてみてもいきなりフリーランスになって稼げるとは限りません。

よく「自分をやらなければいけない環境」に置き逃げ道をなくすことで成功に近づくというような理論もありますが自分の特性に配慮して考えることが重要です。

そうゆう面からも本業と副業を兼ねて行う人が多いのです。

会社勤めのデメリット

コミュニケーションが必須(職種にもよる)

会社にいればコミュニケーションは当然大事になりそれがストレスになることもあります。

ルールが決まっている

能力にバラツキがあることが多いため、マルチタスクが大変だったり新しい展開があるとストレスになる場合があります。

暗黙のルールが理解しづらい傾向にあることも多いので苦労する人もいます。

 

フリーランスのメリット、デメリット

フリーランスのメリット

コミニケーション

フリーランスでは基本個人でやっていくのでストレスになる人間関係を排除することができます。

他人の影響を受けにくく自分が合わないと思った依頼人や仕事は継続しないこともできます。

自分管理できる

自分で仕事を選別できること、納期や期限などを把握したうえで仕事ができます。

フリーランスのデメリット

コミュニケーション

ただでさえコミュニケーションが少ない人はさらコミュニケーションの機会が限られてしまうことになります。

孤独になってしまうかもしれません。

自己管理しなければいけない

就業時間が決まっているわけではなく時間が自由ということは生活が不規則になってしまう可能性もあります。

収入の予測などもしっかりして、自分で仕事を取れるかというのも考えないと大変なことになるかもしれません。

税金などの個人負担が大きくなることと、そのような面倒くさい手続きを自分でやっていけるかということも重要です。

 

というわけで今回はフリーランスの働き方についての話でした。