キャッシュレス化でスマート決済 金銭管理も楽になる!?

現金ではなくカードやスマホ一つで支払いし「キャッシュレス」の生活を進める動き、キャッシュレス化。

スマホやPCの大幅な普及によってクレジットカード・電子マネーなどのキャッシュレスで商品の購入・公共交通料金の支払いなどができるようになりました。

最近ではPayPayやQRコード決済が注目されています。

しかし日本は世界的なキャッシュレス化の流れに大きく遅れているという問題があります。

政府は2025年までにキャッシュレス利用比率を40%、そして将来的には80%にまで上げることを目標に掲げています。

今回はこのキャッシュレス化が発達障害関連当事者にどう影響するかも踏まえながら話していきたいと思います。

(関連記事:筆者が抱えるASDとはそもそも何? リアルな苦悩とは?

キャッシュレスの消費者のメリット・デメリット

キャッシュレスのメリット

盗難や紛失などによる不正利用が減少

財布が盗まれたり、紛失したら現金などを抜き取られてしまうことがありますがキャッシュレス利用ならその心配はなくなります。

何より財布を持ち歩く必要がなく身軽になります。

海外のキャッシュレス化が進んだ要因として安全性の面があり,現金を持ち歩くのが危険だったため国が力を入れて普及させたという一面があります。

キャッシュレスによりポイントが使える

クレジットカードではポイントやマイルが貯められるというのが大きなメリットとなっています。

キャッシュレス時代の一つの資産としても現金決済では得られないこのポイントやマイルがあります。

お金の管理がしやすくなる

クレジットカードのキャッシュレス決済は利用履歴が残ることがほとんどです。

ネットで気軽に確認出来て家計簿をつける手間も省けます。

社会的信用の証拠

クレジットカードを持っている人は審査を通過したということ。

今は無職でもカードを作れることもありますがそれでもある程度の信頼を示すことができます。

キャッシュレスのデメリット

使いすぎることも

後払いとなるものはいくら使ったのかを把握しないまま使ってしまうことがあるわけです。

連携アプリを使って利用状況を確認したり、プリペイドカードタイプを使うなどして防ぐことができます。

普及が進んでいない

お店によって使える場面が限られることがあります。

またAのカードは良くてBのカードは使えないというような種類による利用の可否があります。

そして毎回支払い方法を伝えなくてはいけないというデメリットもあります。

キャッシュレスの店側のメリット・デメリット

キャッシュレスのメリット

レジでの支払いがラク

やはり店側としてもレジの支払いが楽になります。

現金での支払いがレジが混む大きな原因となっています。

キャッシュレスの普及でそれが改善され、ATMでの引き落としの必要もなくなり並ぶこともなくなります。

そして閉店後のレジ締めが楽になります。

強盗などの可能性が減る

店舗に現金を置かないことになるので当然強盗は減ることになります。

売上アップ

キャッシュレス化することによってまず来客が増えます。

そしてキャッシュレス化によって買ってくれる人も増えるということが分かっています。

顧客のデータが取れることによって戦略が組みやすく売り上げアップにつながるというメリットもあります。

 

キャッシュレスのデメリット

手数料がかかる

現金決済ではかからないのでキャッシュレス決済は店側としては毎回値引きしているのと同じようなことになります。

これが原因でキャッシュレス化に踏み込めない業界もあります。

費用が掛かる

大きな問題として導入費用のこともあります。

専用機器のほかにも通信料がかかったりもします。

日本のキャッシュレスの現状

日本にも、クレジットカード、モバイル決算、電子マネーなどのキャッシュレスは少しは進んでいます。

特にクレジットカードは普及しており成人1人あたり2~3枚の割合で所持しています。

しかしキャッシュレス化が進んでいるとは言えずクレジットカードを所持しているにも関わらず、使用していないということのようです。

日本が治安が良いということから財布を持ち歩いても安全ということ、カードは使い過ぎるので危険というような風潮があるようです。

よって通販やETCなどのみに使い、あとは現金での支払いとなっているケースが多いようです。

 

キャッシュレス決済の種類

1. 前払い方式

事前に入金して支払うタイプの決済です。

プリペイドカードがこれにあたり身近な存在になっていると思います。

代表的なのは「Suica」「Google Play」「Edy」などになります。

前払い方式のメリットは使い過ぎが防げること。

使う金額だけチャージできることによってお金の管理もしやすいです。

紛失や盗まれた際にも入っている金額分しか使えないので被害も最小限におさえられます。

クレジットカードと連携させることによってオートチャージができる機能もあり面倒くささを軽減することもできます。

一度入金したら払い戻しができないことがデメリット。

2. 後払い方式

「iD」、「QUICPAY」などが後払いのポストマネーです。

クレジットカードがこのタイプになり「ポストペイ」とも呼ばれ、身近な決済サービスです。

SuicaやEdyと違いチャージ不要でスマートフォンに情報を登録しておくことによってスマホ1台持っているだけでお店で決済ができます。

毎月決められた期日に利用額分をまとめて支払う方式です。

後払い型のキャッシュレスは、クレジットカードなどの審査通過が必要な場合があります。

デメリットとしてはもし審査に不合格なら利用できないこと、チャージの必要がないため使いすぎてしまうこともあります。

3. 即時支払い方式

リアルタイムペイメントとも言われておりデビットカードが主な決済サービスとなっています。

登録してある銀行口座のから即時に決済される仕組み。

口座残高の金額以上は利用できずお金の使いすぎを防げる点がメリットです。

クレジットカードの審査に落ちた人でも銀行口座を作成すれば、誰でも持つことが可能です。(一部審査が必要な場合あり)

デビットカードの普及の進捗具合によって、キャッシュレス化の未来を大きく左右するようです。

2019年2月に開始予定の「ゆうちょPay」もこの即時支払タイプとなっています。

利用可能店舗が限られていることがデメリット。

日本にキャッシュレスが普及しづらい理由

・日本では現金の信用度が高く偽札の流通がほとんどないこと。

 

・手数料が高いのでクレジットカード加盟店が普及しづらいこと。

 

・現金で決済が完了することによって匿名性があり重視されていること。

 

・多種多様な決済会社・方法があり、主要となる決済サービスが生まれづらいこと。

 

・日本は手数料ビジネスが主要であるため諸外国は決済ビジネスの収益をビックデータの収集、活用をビジネスモデルにしているというなかで遅れをとっていること。

などがあげられます。

キャッシュレス化が進まないことによる影響

・レジなどによる現金決済は人手が必要となり、特に少子化の日本において人手不足が解消しない問題がある

 

・現金決済の維持に年間1兆円ほどのコストがかかる

 

・無人店舗などの新しいモデルが誕生しづらい

 

・外国人観光客などの決済が限られる

 

・レジで現金決済による待ち時間ができてしまう

 

・クレジットカードなどならではのメリットが生かされない

 

・金銭の管理が面倒

 

キャッシュレス化に向けた方策

・現金を引き出せる海外発行クレジットカードのATMの導入

 

・観光地などでのキャッシュレス端末の普及

 

・納税や保険など公的決済を電子化

 

・交通系カードを海外発行クレジットカード等での利用可能へ

2018年4月に経済産業省から「キャッシュレス・ビジョン」というのも公表されました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開催されるまでに、促進させたいという狙いがあるようです。

障がい者にとってのキャッシュレス

私もASDを抱えていますが発達関連当事者はお金の管理も苦手な傾向にあると言われています。

そんな人たちにとってキャッシュレス化はいい傾向なのでしょうか。

発達障害関連当事者のお金に対する問題

・無駄遣いしがち

 

・貯金がなかなかできない

 

・外食や外出時の出費がかさむ

 

・カードを使いすぎる

 

・引落とし日を忘れ残高不足に

 

・いざ出費が必要な時に困る

発達障害という特性が起因して金の問題を抱えている人も少なくありません。

もちろん発達障害の有無にかかわらず、無駄遣いが多い人、金遣いが荒い人はたくさんいます。

発達障害がある人は、計画を立てることが苦手であることが多いと言われています。

自分の今の現状を把握し、将来も見据えたお金の管理が苦手で今このときのことしか考えられない人がいるのです。

発達障害の特徴のなかには衝動性があり感情のコントロールが上手くできない、予測をするのが苦手な人もいます。

決めたランチ代金を無計画に使ってしまう、欲しいと思ったものは気持ちを抑えきれず手に入れるまでは気が済まないこともあります。

記憶力が弱い人は同じものを何度も購入してしまうこともあるようです。

身の丈に合わない買い物をしてしまい将来破綻するようなことも考えれば一人暮らしも困難と言えます。

また発達障害にはこだわりが強いタイプの人もいます。

ブランドものなどステータスにこだわり使うわけでもないのに割高なものを買い、家族にも迷惑をかけたという話もあります。

最終的にはギャンブルにハマり歯止めがきかなくなってしまうこともあります。

雇用の面から見たキャッシュレス

雇用の面からみてもキャッシュレス決済が普及すれば、障がい者が能力を生かせる場所が増えるようです。

障害者雇用で大切なのは働きやすい環境づくりと言われますがキャッシュレス化がその一助となるのです。

視覚障害者、現金の扱いが苦手な障がい者がレジ業務につけるよう、現金は使わないに完全キャッシュレスを導入した会社もあるようです。

消費者としてのキャッシュレス

発達障害関連当事者にとってキャッシュレスは味方なのでしょうか?

財布の紛失など

注意欠陥の特徴がある人は現金、財布を持ち歩く必要がないキャッシュレスは味方であると言えそうです。

残高以上の金額が利用できないタイプはカードの悪用も抑えることができます。

しかし、悪用されると高額になるものもあるので自分に合ったキャッシュレス決済を選べるかも重要です。

金銭管理

衝動的、計画的な金銭管理が苦手な人にはメリットがあると思います。

プリペイドカードやデビットカードなどがあらかじめチャージしておくタイプのもので使い過ぎを防ぐことができます。

逆にクレジットカードは使い過ぎの問題があることから不向きと言えそうです。

ポイントやマイルがたまる、還元できるのも良い点ですが把握し管理しきれるかどうかも重要です。

 

というわけで今回はキャッシュレス化のことについて話でした。