1年の始まりの月に 新しく挑戦したい、加入したいサービスやアプリ 

 

2022年が始まって早くも1週間以上が経過。

ダラダラした生活、キビキビした生活、どちらがイイというわけではないですがもしかするとこの1週間の生活が今年1年を占うようなものだったのかもしれません。

最初の月は新しいことに挑戦したり新しいサービスに加入したりしやすいものですね。

というわけで今回は1年のはじめの月に加入したいサービス、アプリなどに関する記事です。

 

エンターテインメント

社会が大変な状況になっている今。
こんな社会情勢ではリアルな場所での楽しみも少し遠慮しがち。
ゲームや動画コンテンツなど家でも楽しめる選択肢が多い現代。
この最初の月のタイミングに、気になっていたVODなどのエンターティメントサービスなどに加入したり、はたまたいらないモノを消してみたりと取捨選択するのもイイかもしれません。

▼合わせて読みたい▼

生活に役立つアプリ

テクノロジーが生活のなかで存在感を示す現代において生活に役立つ、アプリやサービスがたくさんあります。
健康管理に役立つアプリ、映画やドラマのDVDレンタルに行っていたものをVODで快適に、外食に出ていたのを宅配サービスを使ってみる、ずっと気になっていたけどずっと使っていなかったようなものがあればこのタイミングに変えていくことも良さそう。
生活の質を高めるためにもテクノロジーの発達が著しい現代のなかではITサービスを上手く活用していく意識も自分を成長させることにつながるでしょう。

▼合わせて読みたい▼

学び

社会情勢が大変ななかで日々生きていくうえで感じることの一つは確かな知識、情報、自分の選択肢を広げることの大切さではないでしょうか。
脱成長という考え方もよく聞かれるようにもなり、努力をしてもみんながみんな上手く行くとは限りませんが、自分自身を守るためにも学びの姿勢は持っておきたいところ。
オンラインサロンやビジネススクールに入る、自分の幅を広げるために習い事を始めてみる、初月無料なども多いサブスクリプションにこのタイミングで入るのも良さそうですね。

▼合わせて読みたい▼

支援プラットフォーム

社会全体が大変なことになっている今の世の中。
業界の枠を超え、助け合う、切磋琢磨、イイ意味での競争で社会全体を盛り上げるというのも今の社会において一つ大切なことと言えるでしょう。
現代ではクラウドファンディングなどの支援サービスが普及しています。
応援するということは自分自身にもイイ刺激になったり鼓舞されたりすることにもつながりますよね。

▼合わせて読みたい▼

居場所を作る

息苦しさを感じる人も多い現代社会。
物理的にも気持ち的にも自分の居場所がないと感じるのなら新しい環境に飛び込むのにも良いタイミングとも言えるでしょう。
刺激が少なくぬるま湯に浸かっている、心のモヤモヤがあるのなら、競い合える、張り合いのあるような別のコミュニティに入る。
学校に職場に居場所がないと感じたのなら依存先を増やしたり、独立をするための努力をする。
インターネット上で好きなことを発信し、少ないながら共感してもらえるだけでも心の拠り所になるかもしれません。

人生のフェーズによって自分の居るべき場所も変わってくるもの。
特にこれから年度末、新生活に向かっていくタイミングの今、自分の居場所について考えるのも大切なことと言えるでしょう。

▼合わせて読みたい▼

ファンクラブ・メンバーシップ

昨今一部話題になったのは「推し活」。
自分の推しを追っかけるのが生きがいだという人も少なくありません。
グッズを手に入れたり、チケットの先行予約、会員限定の特典を得られたりと一つ上のレベルで応援したり、コンテンツを楽しむことができます。
辛いことも多い昨今の社会生活の中で自分の大好きな「推し活」で元気をもらいながら日々頑張っていくのも良さそうですね

▼合わせて読みたい▼

 

 

というわけで今回は1年のはじめの月のうちに始めたいアプリ、サービスの記事でした。

大変な世の中ですが生活に役立つサービスなどを上手く利用しながら生活を潤していきたいところですね。