プライドはいらない? 変なプライドを捨てることで得られるメリット7選

 

プライドというものは良い方向にも悪い方向にも働くものですね。

自分の中で守るべきプライドというのもあるかもしれません。

今回は変なプライドや悪い方向に働いてしまうプライドをなくすメリットについて話していきたいと思います。

 

 

楽になれる

変なプライドを持っていると自分自身が苦しめられることもありますね。
過去の経験や、トラウマによって変なプライドはできてしまうのかもしれません。
人と比べてこうでなきゃいけない、ああでなきゃいけないと思い自分を許せないこと、見栄を張ることに疲れてしまうこともありますね。
プライドを捨てることでまず自分自身が楽になれることもあるのではないでしょうか。

強くなれる


変なプライドがあると自分自身の心の中に敵がいることを認めず、物事が悪くなった原因を他人や環境のせいにしてしまうこともあります。
自分のなかの変なプライドを捨てることができれば自分の弱さを認めることができて分からないことをちゃんと分からないと言えたり、人に助けを求めたりしやすくなりそうです。
変なプライドを捨てることは自分の気持ち、相手に対し素直になれて自分自身が強くなることにもつながりそうです。

成功に近づく、より成功できる

自分の頭で考えることも大切ですがときに素直に人のアドバイスを受け入れることが大切なときもありますね。
変なプライドが高いと頑固に自分の意見が正しいと思い込んでしまうこともあります。
人のアドバイスを自分なりに改造してしまうことによって結局自分で考えた言動になってしまい成果につながらないということもあります。
そして、客観的な視点で指摘やアドバイスをしてくれるのは自分以外の人しかいません。
変なプライドによっては跳ね返してしまえば人が離れていくことにもつながります。
また、変なプライドが高いと感情で動いてしまい、合理的な判断から離れてしまうこともあります。
自分の実績や経験値を積んできたプライドがあるのは良いことかもしれませんが、過去の成功法則にとらわれるのではなく、時代に対応して行くためにも変なプライドは捨てておきたいものです。

ノリが良くなる

変なプライドを捨てることができれば自分には似つかないもの、性に合わないものでも一度は経験しようと思えるかもしれません。
人に勧められたもの、誘われたものも四の五の言わずノリ良く取り入れていく潔さは兼ね備えておきたいものです。
変なプライドがあると自分らしくないと思って変にストッパーがかかって機会損失してしまうということにもつながります。

愛されることも

成功者でも自分のキビキビとした仕事のできるところだけを見せるのではなくたまには自堕落な生活をしてしまう姿や素の姿、庶民的な姿を見せている人もいます。
そんな姿を見ていると、嫌味がなく親近感がわいたり、ギャップによってより愛されることもあるように感じます。
ありのままの自分を出していくなかで変なプライドはときに邪魔になることもあるのではないでしょうか。

新しい自分を知ることができる

変なプライドを捨てることで新しい自分を知ることができるかもしれません。
また、自分を変えたいとき、自分をイメージチェンジするときには変なプライドが邪魔になってしまうこともあります。
「社会のレールからはみ出してしまう自分が許せない」など、今まで自分が抱えていた辛かったものを手放してもいいんだと気付けて生きやすくなることもあります。

人間関係に好影響

変なプライドがあると人間関係にも悪影響を及ぼすときがあります。
人に謝ることができなかったり、感謝することができなくなることがあります。
また、変なプライドがこじれて偏屈になり、人前で余計な自虐ネタを話したり、無駄に自分を蔑んで相手を困らせてしまうこともあります。

 

まとめ

というわけで今回は変なプライドを捨てることによって得られるメリットについて書いてみました。

プライドは持っていた方が良いモノであればそうでないものでもある。

バランスよくプライドとは向き合っていきたいものですね。