嫌な仕事、環境、人間関係から逃げても大丈夫な理由

 

生きていて嫌な環境から逃げたいと思うときもありますね。

しかし、逃げたくても逃げられない

そんな風に思ってしまうこともないでしょうか。

でもそれは勘違いや思い込みかもしれません。

ということで今回は逃げたい環境や人間関係から逃げても大丈夫な理由について話していきたいと思います。

選択肢がある

世の中には思っている以上に選択肢が溢れています。
その選択肢を知っているかどうかで人生が大きく変わるのではないでしょうか。
選択肢を知るには情報を収集することが大切で現代では簡単に有益な情報を得ることができます。
情報格差が広がるという話もあるのである程度意識することは大切な事かもしれませんね。

固定概念にとらわれているだけかも

教育やメディアの影響か、あらゆる分野でこれはこうでなくちゃいけない、こうあるべきという幻想が出来上がっていることがありますね。
固定概念が凝り固まっていると視野が狭くなってしまうのではないでしょうか。
当たり前とされているような常識を疑ってみるような意識、そのようなことも大切にしたいところですね。

時代の流れだから

今は時代の流れが顕著になり今までの常識が非常識に変わり非常識だったものが新しい常識へと変わっていっています。
特に昨今では変化のスピードが速くなってきています。
上記のように固定概念を捨て新しい情報を得て時代に付いていくぐらいの気持ちも必要と言えるかもしれませんね。

多様性の時代

 

固定概念、時代が変わっていくことによって色々なライフスタイルが認められるようになってきています。
幸せのステータスとされてきていたような価値観も変わってきています。
また、今まで日の目を浴びないような人でも輝ける時代になってきており、生きやすくなっている一面がありますね。

好きなことをすることが大切

逃げたいところを我慢して居続けるのも、逃げた先でもどのみち同じ大変な思いをしてしまうのなら自分の好きなことに挑戦したりわがままに生きていくことも大切ですよね。
好きなことで楽しいことの方が自分自身も頑張れますし、一度きりの人生も良いものになりますよね。
特に時代が変わっていくなかで好きなことを仕事にすることは大切な事です。

新しい出逢いがある


嫌なところから逃げだしたり、新しい環境に飛び込む中で疎遠になってしまった人がいても人生のフェーズにおいて新しい出逢いが生まれるものではないでしょうか。
類は友を呼ぶというように自分が嫌な環境から逃げて好きなことを楽しそうに取り組んでいたら人生を楽しんでいる人と出逢える。
嫌な環境を我慢して愚痴をこぼすような人なら愚痴を言うような人同士で集まりますよね。

 

 

というわけで今回は嫌な環境から逃げてもイイ理由、大丈夫な理由について書いていきました。

一度きりの人生悔いのないものにするのなら逃げることも大切ですよね。